高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

NEXCO東日本

高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

Language

ドラぷら

  • 検索
  • マイページ
  • Q&A
  • お問い合わせ

NEXCO東日本

アクアトンネルの中に、実際にあるのはど~れだ?

 東京湾アクアラインの「アクアトンネル」に実際にあるのは次のうちどれでしょうか?

  1. ブランコ
  2. 鉄棒
  3. すべり台
  4. シーソー

正解は?

開く

3.すべり台です

エエ~ッ!?何で「すべり台」があるのよォ・・・。みなさん、たぶんそんなこと思われるんでしょうね。でも、これが本当の話。それも片側で33台、上下線で66台もあるっていうんですから驚きです。

実は、みなさんが走っているアクアトンネルは、トンネル構造の上の部分。その下には緊急避難通路などがあるんです。もしも車道の部分で事故が発生し、不幸にも車両火災になったら逃げる場所がなくなってしまいますよね。そんなときに力を発揮するのが、すべり台という訳。

緊急避難通路

  • ※トンネルは上下線が別々のトンネルになっています

車道から下にある緊急避難通路に逃げるのに、すべり台を使うんです。というのも、お年寄りや小さな子供、そして体が不自由な方は、階段で移動するのが難しい場合もありますよね。でも、すべり台ならば楽チンだし、誰でもスムーズに移動することができます。
ということで、「いざ!」というときのために、すべり台が設置されているんです。

ちなみに、この緊急避難通路。みなさんが走っている車道部より気圧が高く設定してあるので、車道部に煙が充満しても緊急避難通路には煙が流れ込まないようになっています。

PR
PR

ページの先頭へ