高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

NEXCO東日本

高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

Language

ドラぷら

  • 検索
  • マイページ
  • Q&A
  • お問い合わせ

NEXCO東日本

高速道路上での故障は何が原因で起こっているの?

平成25年の全国の高速道路における車の故障件数は、約11万件にものぼります。
しかし、その原因の大半は基本的な点検で防げるものでした。

高速道路での原因別故障件数(平成25年)
1位 タイヤ・ホイール破損 37,600件(35%)
2位 始動点火系統不良(バッテリー不良) 16,700件(16%)
3位 燃料切れ 14,600件(14%)
4位 オーバーヒート 11,600件(11%)
5位 動力伝達装置不良(変遷機等) 5,900件(5%)
6位 燃料系統不良 2,600件(2%)
7位 その他 18,100件(17%)
故障件数の合計 107,100件

タイヤ・ホイール破損はとても危険!

1位のタイヤ・ホイール破損では、タイヤの破片などが散乱し、いわゆる落下物になります。その結果、後続車を巻き込んで思わぬ事故を誘発する危険性もあります。また、摩耗したタイヤはスリップ事故の原因にもなります。ドライブの前には、タイヤの空気圧と溝が充分に残っているかを必ず確認することが大切です。

故障の大半が基本的な点検で防げるものです。特に、燃料、タイヤ、オイル、冷却水の点検を忘れずに!

大切なドライブ前の点検・整備
1. ブレーキランプの点検、燃料も十分に 5. エンジンオイルのチェック
2. ペダル類のチェック 6. ファンベルトのチェック
3. クラッチ・ブレーキ液点検 7. 水漏れはないか点検
4. タイヤ空気圧のチェック 8. ヘッドライト、方向指示器のチェック
PR
PR

ページの先頭へ