高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

NEXCO東日本

高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

Language

ドラぷら

  • 検索
  • マイページ
  • Q&A
  • お問い合わせ

NEXCO東日本

高速道路のハイウェイラジオは誰が喋っているの?

皆さんは高速道路の運転中にハイウェイラジオを聞いたことはありますか?
ハイウェイラジオでは、高速道路の事故や渋滞の最新情報を、AMラジオの電波(1620kHz)でお知らせしています。

放送内容の決め方

放送内容は、道路管制センターへ集約された情報をもとに、あらかじめ録音された単語をプログラムでつなぎ合わせて自動的に作成しています。コンピューターに登録されている単語は約5,000語にも上ります。

基本的な放送時間は60秒ですが、事故等が発生しお伝えする内容が多くなると120秒に延長し、内容は5分おきに更新されます。何も事象がない時や放送時間に余裕があるときは通行止めの予告や交通マナー等に関するご案内を放送しています。

ハイウェイラジオを放送する仕組み

ハイウェイラジオは、中央分離帯や路肩にある「空中線」とよばれる電線のようなものから電波を配信しています。「ハイウェイラジオここから」と「ハイウェイラジオここまで」の看板の間に空中線が張ってあり、その区間はおよそ3kmです。

ハイウェイラジオを放送する仕組み

携帯電話からも聞くことが出来ます

携帯電話からはハイウェイテレホン(♯8162)でも情報を聞くことができます。ハイウェイラジオのない場所からの情報確認に便利ですので、是非ご活用ください。なお、運転中の携帯電話・PHSの通話は、道路交通法で禁止されています。ご出発前やご休憩時などの停車中に電話をおかけください。

また、全国の高速道路に関する道路交通情報や渋滞情報、通行止め情報については、パソコンからも確認が可能です。お出かけ前にご自宅から高速道路の状況を確認したい際には、下記「ドラとら」をご活用ください。

ドラとら

渋滞や重要な規制の情報が「ドラとら」に表示されます
PR
PR

ページの先頭へ