EVENT INFO

特別にデコレーションしたラッピングバスが東京湾アクアラインを走行!

NEXCO東日本関東支社(埼玉県さいたま市)では、東京湾アクアライン(以下「アクアライン」)及び海ほたるパーキングエリア(以下「海ほたる」)が平成29年12月18日で開通・開業から20周年を迎えることを記念して、アクアラインを走行する高速バスをNEXCO東日本製作のオリジナルアニメーション動画『ありがとう20年、そしてこれからも』のイラストで特別にデコレーションします。期間限定で走行しますので、この機会に是非、ラッピングバスにご乗車いただき、房総半島にお出掛けください。

【1】実施期間

平成29年12月1日(金)~平成30年3月31日(土)

【2】対象のラッピングバス

小湊鐵道(株)及び日東交通(株)が運行するアクアラインを走行する高速バス4台
※高速バス4台の内訳は、小湊鐵道(株)2台、日東交通(株)2台となります。

【3】ラッピングバスのイメージ

【4】運行路線(予定)

運行会社 運行路線(予定)
小湊鐵道(株) 木更津~新宿線、木更津~品川線、木更津~横浜線、他
日東交通(株) 木更津~東京線

【参考】オリジナルアニメーション動画『ありがとう20年、そしてこれからも』

1. 製作の目的とストーリー

アクアラインは、調査から開通までに約30年を要し、最先端の技術を集結して海洋上につくられた道路であり、その開通により、東京・神奈川の京浜地域と千葉の房総地域が直結し、走行距離と時間が大きく短縮された結果、地域の商業活動、産業活動の活性化に寄与してきました。
アクアラインが開通し、東京湾の両岸(神奈川県と千葉県)が結ばれたことにより、新たな人のつながりや物の交流が生まれました。
このアニメーション動画『ありがとう20年、そしてこれからも』は、両岸に住む主人公二人(洋介、ひかり)が海ほたるで出会い、プロポーズし、二人の間の男の子(凌)とともに訪れた海ほたるで、今度は凌が女の子(遥香)との新たな出会いを経験するというストーリーです。
このストーリーから、東京湾の両岸をつなぎ、その交流を促進するという、これまでアクアラインが果たしてきた役割をイメージしていただくとともに、これからも、“「つなぐ」価値を創造する”というNEXCO東日本グループの経営ビジョンを実現すべく、24時間・365日、安全・安心・快適・便利な高速道路空間をお客さまにご提供するために努力を重ねていくという私たちの思いを感じていただければ幸いです。

2. オリジナルアニメーション動画の公開場所及び期間

《本編(長編)動画の公開場所》

公開場所 内容 期間(予定)
東京湾アクアライン20周年記念サイト 長・短編 平成29年11月20日(月)~
平成30年3月31日(土)
(2)海ほたる4階フロア内デジタルサイネージ 長・短編 平成29年11月20日(月)~
平成30年2月28日(水)
(3)市原SA(上り線・下り線)内デジタルサイネージ 平成29年12月1日(金)~
平成30年2月28日(水)

《短編動画の掲出場所》

公開場所 内容 期間(予定)
(1)NEXCO東日本の関東地域のSA・PAのデジタルサイネージ 短編 平成29年11月24日(金)~
平成30年2月28日(水)
(2)NEXCO中日本の東名高速道路 足柄SA(上り線・下り線)、海老名SA(上り線)のデジタルサイネージ 短編 平成29年12月1日(金)~
平成30年2月28日(水)
(3)JR東日本の「トレインチャンネル」(京浜東北線、京葉線、横浜線、中央総武各駅停車) 短編 平成29年12月11日(月)~
平成29年12月24日(日)
(4)東京メトロの「Tokyo Metro Vision」(車両ビジョン設置の全線) 短編

製作スタッフ

監督: 平池 芳正
(代表作:WORKING!!、AKB0048、ももくり他)
脚本: 北濱 泰三
(代表作:ワンダーパフェ、作家の聖域他)
声優: 河下 洋介役 / 安達 勇人
(代表作:アクエリオンロゴス、ナンバカ、王室教師ハイネ他)
樹 ひかり役 / 小泉 みゆき
(東京湾アクアライン20周年記念ナビゲーター)
河下 凌役 / 川端 しおり
(代表作:アクエリオンロゴス、レゴニンジャゴー他)
坂田 清造役 / 小柳 基
(代表作:牙狼-GARO- -炎の刻印-、SHIROBAKO、銀魂他)
佐々木 遥香役 / 松元 菜々海