人情溢れるおもてなし

人情味溢れるおもてなし
インタビュー

江戸では、人と共生していくために、相手に対しての気遣い、思いやり、心掛け、ふるまい、を生きるすべとして、「して気持ち良い、されて気持ち良い、見て気持ち良い」行動を普段から自然と行っていました。江戸っ子の癖のようなもの、それが、江戸しぐさです。 きっと心が和む、今日から実践できる「江戸しぐさ」をいくつかご紹介。
江戸の人は、雨の日にすれ違う時に、お互いが相手を気遣い、傘の滴で濡れないように、人のいない外側にスッと傘を傾け、軽く会釈をしてすれ違いました。 雨の日のなんだか嫌な気持ちも、ふとした心遣いで気持ち良く過ごせそうですね。
江戸では渡し舟が交通の要。後から乗ってきた人のために拳一つ分だけ腰を浮かせて席を 詰めていました。詰めてもらったお礼を言われて笑顔で一言「お互いさま」。 自分勝手にならずに、お互いに譲り合える心を持ちたいものです。
断りなく相手を訪問したり、約束の時間に遅れて相手の時間を奪ったり・・・心当たりはありませんか?江戸ではそれは「弁済不能の十両の罪」と言われ、厳しく禁じられていました。 過ぎた時間は取り戻せない。相手の時間を大切にしましょう。
江戸っ子は、誰かと馬が合わなかったり、物事が思い通りに進まないことがあっても、 「だめでもともと」潔く立ち直り、めげずに前進。物事を前向きにとらえる「陽にとらえる」のが江戸っ子の生き方でした。嫌な状況を好転させるのも、心持ちひとつかもしれません。
いただいたものや自分で買ったものを「おすそわけ」することはあります。現代では普通に使われている「おすそわけ」は、余りものを配ってしまおう。という意味にもとられ、あまり良い顔をされませんでした。江戸しぐさでは、せっかく手に入った良いものを独り占めせずに、みなさんもどうぞ。という一緒に福を味わう気持ちを込めて「お福分け」といいました。手渡しするときは「お福分け」と一言添えてみてください。
江戸は多くの人で賑わっていたため、足を踏んだ踏まないの場面が多くみられました。踏んだ方は当然謝りますが、踏まれた方も「踏まれるようなところへ足を出していてうかつでした。」と怒らずに謝る。トラブルを避けるということもありましたが、その場に良い空気を作ってしまう江戸の知恵「うかつ謝り」です。