江戸の町並み再現

江戸の世界を、史実に基づいて忠実に再現

車を降りると、まるで江戸びとが暮らしているかのような江戸の日常性が現れます。 目の前に、江戸の繁栄を象徴する日本橋の大店が立ち並び、一歩入るとそこは鬼平が 闊歩した本所深川。 鳥のささやきの合間に物売りの声が聞こえ、美味しそうな匂いが 漂い、朝から夕へと移り変わる空の色とともに、江戸の時間がゆったりと流れています。 わいわいがやがや、何やら楽しそうなものが見えてきたら、そこは江戸一番の賑わい処 ・両国広小路の屋台の連なり。 どれにしようかな・・・旅のひと休みに、楽しい時間をお過ごしください。

-江戸の何を切り出すのか?-

鬼平江戸処では、今ではあまり見ることのできない江戸の生活に欠かせないものが、たくさん散りばめられています。 ここでは少しご紹介。ぜひ足を運んで探してみてください。