「伝統神楽 猿田彦(天狗) 」8/11(金)開催!!

★HP掲載用(猿田彦).jpg「伝統神楽 猿田彦(天狗)」(岡田民五郎社中・おかだたみごろうしゃちゅう)

 

古事記や日本書紀などの神話に登場する猿田彦は、天照大神の命により地上に降り立った神(邇邇芸尊)の道案内をした神で、鼻の長さは七咫(約126cm)、身長は七尺(約210cm)、口と尻は明るく光っていて、目は八咫鏡のように丸く大きくてホウズキのように照り輝いていると、天狗を思わせる姿かたちが記されています。そのことから、導きの神、交通安全の神である猿田彦は、天狗の祖と言われています。

 

埼玉県有形文化財指定の里神楽師/岡田民五郎社中が、伝統神楽の猿田彦(天狗様)を演じ、旅の安全を祈ります。

 

 

●とき:8/11(金)

●時間:①12:00 ②13:30 ③15:00 ④16:30

●ところ:施設内を回遊致します。 

 

 

※天候ほか、諸事情により、日時・場所・内容の変更または中止になる場合がございます。予めご了承下さい。

 

 

戻る