2017年11月アーカイブ

「猿まわし」11/19(日)開催!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

猿まわしDSC02623-thumb-400x232-90030.jpg

「猿まわし」(戦豆)

古くは、猿が馬の病気を治すといわれ、厩(うまや)で猿を舞わせ、調子が悪い馬の安全を祈願したり、厄病除けの祈禱をし、祝言を述べて猿を舞わせていました。 鎌倉時代あたりより大道芸として人気を博し、日本最古の伝統芸能のひとつとして伝えられてきました。現在鬼平江戸処でも大人気の演目です。

『(難が)去る=猿』の縁起が良いとされているお猿さんが、秋空の下で跳ぶ、回る、笑う(?) ハラハラドキドキの、とっても愉快で楽しい芸をご披露いたします。

●日にち:11月19日(日)

●時間:11:00から16:00までの間で随時公演。

●場所:屋外中庭広場

※天候ほか、諸事情により、日時・場所・内容の変更または中止になる場合がございます。予めご了承下さい。

あやつり人形DSC06966-thumb-600x337-145218.jpg

「あやつり人形」(江戸糸あやつり人形)

江戸時代に生まれ、江戸を中心に伝えられてきた日本独自の糸あやつり人形を遣い、人形に命を吹き込みます。

世界に類を見ない構造を持つ糸あやつり人形は、「手板」と呼ばれる操作板と20本前後の糸で操ります。

丁寧に造られた人形を巧みに操り、実に繊細で表情豊かな動きを生み出す人形遣いの技は圧巻!

是非、全身全霊で操る人形遣いと生命力あふれる人形の息遣いを間近で感じて頂きたいと思います。

今ではなかなか観ることのできない貴重な日本の伝統技をぜひご覧くださいませ。

●日にち:11月18日(土)

●時間:①12:00 ②14:00 ③15:30

●場所:屋外中庭広場

※天候ほか、諸事情により、日時・場所・内容の変更または中止になる場合がございます。予めご了承下さい。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。