未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
88

ゲストハウスと公共温泉巡りのススメ

下諏訪で見つけたホカホカな旅

文= 川内有緒
写真= 川内有緒
未知の細道 No.88 |10 April 2017
この記事をはじめから読む

#2まずはゲストハウスで

 温泉巡りの拠点に選んだのは、「マスヤゲストハウス」だ。下諏訪駅から歩くこと五分、赤いレンガの塀の立派な古民家に着くと、オーナーである斎藤希生子さん(愛称キョンちゃん)が「こんにちは」とふんわりとした雰囲気で出迎えてくれた。「宿屋の女将」というよりも、都会のカフェで美味しいケーキでも焼いていそうな感じ。ニコッとされた瞬間に、「ああ、この宿を選んでよかった!」と思わせる魅力の持ち主である。

 建物の中も、また素敵だった。古材がふんだんに使われながらも、明るく、モダン。レンガでできたペチカストーブがこの築百年以上の古民家を温める。

オーナーの斎藤希生子さん。ゲストハウスのラウンジの一角にあるお気に入りのソファの上で。

 私たちは、共有スペースの置かれた巨大なこたつにあたりながら、お互いの身の上話で盛り上がった。

「学生時代にいろんな国に旅をして、世界のゲストハウスに泊まるうちに、自分でもやりたいと思うようになって、三年間、東京のゲストハウスで働いて、一通り仕事を覚えて、ここに物件を見つけました」

 へー! キョンちゃんの出身は、諏訪のお隣の茅野市。一度は東京に出たキョンちゃんは、地元へのUターンにこだわっていたわけではなかったそうだが、「東京のゲストハウスで働いているうちに、自分でやるならば東京は違うなと思い始めました。すごくいろんな人が来てくれるんだけど、みんな目的があってただ宿は泊まるだけの人も多いし、宿泊客の人数も多くてあんまりお話をする時間もなかったり」

 そうして、地元に戻ることを思いついた。改めて見てみると、下諏訪はキョンちゃんの高校生時代とは事情がだいぶ変わり、魅力的なカフェや個性的なお店がたくさんできていた。

 こうして、この古い古民家の物件を見つけ、自分も泊まり込んでの怒涛のリノベーションを経て、「マスヤゲストハウス」が三年前に完成。長い間、廃業する宿屋はあっても、新たな宿屋ができることはなかった下諏訪では、かなりのニュースだったはずだ。

 それにしても、キョンちゃんは、ずいぶんと若い感じ。失礼ながらトシを聞いてみると、まだ28歳。「ゲストハウスを開いたのは 25歳の時」だと言うので「えー、すごい行動力!」とひっくりかえった。現在は生後四ヶ月の男の子の母となり、子育てをしながらここの運営もしている。ふんわりとした雰囲気の中に秘められた芯の強さに、すっかり恐れいった。

このエントリーをはてなブックマークに追加


未知の細道 No.88

川内 有緒

日本大学芸術学部卒、ジョージタウン大学にて修士号を取得。
コンサルティング会社やシンクタンクに勤務し、中南米社会の研究にいそしむ。その合間に南米やアジアの少数民族や辺境の地への旅の記録を、雑誌や機内誌に発表。2004年からフランス・パリの国際機関に5年半勤務したあと、フリーランスに。現在は東京を拠点に、おもしろいモノや人を探して旅を続ける。書籍、コラムやルポを書くかたわら、イベントの企画やアートスペース「山小屋」も運営。著書に、パリで働く日本人の人生を追ったノンフィクション、『パリでメシを食う。』『バウルを探して〜地球の片隅に伝わる秘密の歌〜』(幻冬舎)がある。

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。