未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
163

北海道道東

3年前の夏、北海道の道東をキャンピングカーで旅した。どこに行き、何を食べ、どこで眠るのも自由きままなクルマの旅。ワイルドな大自然や動物たちと出会いながら、知床半島を目指した家族の6日間。

文= 川内有緒
写真= 川内有緒
未知の細道 No.163 |10 June 2020
  • 名人
  • 伝説
  • 挑戦者
  • 穴場
北海道道東

#1そろそろ自由な旅に出よう

キャンピングカーで北海道を旅しよう。広い大地をクルマで進み、草原で眠り、青空の下で朝食を食べよう。
そう想像した途端、ワクワクするような、緊張するような独特の高揚感が胸に広がった。この感じ、ずいぶん久しぶりだなあ!
ついに「旅」に出るんだと思った。

もともと私たち夫婦はとても旅が好きだった。
出会ってすぐに一緒にバルカン半島に出発したくらいで、結婚後もヨーロッパやアフリカなど、世界のいろんなところをふらふらしてきた。
しかし、5年前にそんなふらふら旅人ライフも激変。
赤ちゃんが生まれたのである。いやあ、赤ちゃん連れで移動するのはなかなかハードで、いわゆる「自由きままな旅」はけっこう難しくなった。

しかし、時は満ちた。娘はもう2歳9ヶ月だ。
「そうだよ、そろそろ“旅”に連れていっても大丈夫だよね」
私たちは顔を見合わせ、計画したのが「道東、キャンピングカーの旅」だった。
「夏の北海道なんて気持ちよくて最高だろうなあ」
「動物もたくさんみられるよ、きっと」

娘のナナオも嬉しそうに「どうぶつ、みたい!」ときゃっきゃっと笑った。
旅の日程は約一週間。
「せっかくなら、旭川から知床半島を目指そうよ。世界遺産を見ておこう」と決まる。最初の2日間だけ友人も合流することになり、楽しい展開になってきた。
2017年の8月末のことである。

このエントリーをはてなブックマークに追加

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。