未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
116

福島県福島市

全国各地でさまざまな芸術祭が行われているなか、福島の飯坂温泉で新しい、ちょっと変わった芸術祭が行われるという。場所はなんと休業中の旅館。いったいどんなアートプロジェクトなのだろうか?さっそく訪ねてみた。

文= 松本美枝子
写真= 松本美枝子
未知の細道 No.116 |25 JUNE 2018
  • 名人
  • 伝説
  • 挑戦者
  • 穴場
福島県福島市

最寄りのICから【E4】東北自動車道「福島飯坂」を下車

【E4】東北自動車道「福島飯坂」までを検索

最寄りのICから【E4】東北自動車道「福島飯坂」を下車

【E4】東北自動車道「福島飯坂」までを検索

#1旅館で芸術祭?

 いま全国各地で、さまざまな「〇〇芸術祭」「〇〇アートプロジェクト」などと呼ばれるものが行われている。芸術祭ブームだ。すでに何年も継続して、その土地の名物として、遠くから多くの鑑賞者がやってくる芸術祭もあれば、日本を代表する大都市で行われる大規模な芸術祭もある。まだ始まったばかりの、小さな町での小さな芸術祭もたくさんあるだろう。
 これらは数週間から数カ月程度の期間で行われ、美術の展示と音楽や演劇といったパフォーマンスの上演などと共に、観光や地域おこしを組み合わせた総合的なイベントとして、「地域アート」と呼ばれることもある。
 さてゴールデンウィークが始まる少し前、福島の飯坂温泉街の一角で、新しい芸術祭が行われるという話を聞いた。期間は5月5日から6月3日の週末のみ。場所は現在休業中の「清山」という旅館だという。その名も『清山飯坂温泉芸術祭 SIAF2018』。
 旅館一ヶ所だけで行われる芸術祭というのは、ちょっと珍しいかもしれない。なぜなら、芸術祭はその地域の何ヶ所かを展示会場とすることが多く、1日かけて幾つもの展示会場を回ることは当たり前で、自治体が主催する大規模なものであれば、芸術祭全体を見るのに数日かかることも多い。だからこれはおそらくコンパクトな設計の芸術祭なのだろうな、と思って興味が沸いた。

 せっかくなので、美術館で働く知り合いも誘うことにした。美術館でエデュケーター(教育普及専門の学芸員)として働く森山さんである。
 5月のとある日曜日、私たちは3時間かけて『清山飯坂温泉芸術祭』へと、たどり着いたのであった。「清山」は古いけれど、立派な門構えの大きな旅館で、遠目にもすぐにわかった。その門には、カラフルで大きなパッチワークがはためいていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加


未知の細道 No.116

松本美枝子

1974年茨城県生まれ。生と死、日常をテーマに写真と文章による作品を発表。
主な受賞に第15回「写真ひとつぼ展」入選、第6回「新風舎・平間至写真賞大賞」受賞。
主な展覧会に、2006年「クリテリオム68 松本美枝子」(水戸芸術館)、2009年「手で創る 森英恵と若いアーティストたち」(表参道ハナヱ・モリビル)、2010年「ヨコハマフォトフェスティバル」(横浜赤レンガ倉庫)、2013年「影像2013」(世田谷美術館市民ギャラリー)、2014年中房総国際芸術祭「いちはら×アートミックス」(千葉県)、「原点を、永遠に。」(東京都写真美術館)など。
最新刊に鳥取藝住祭2014公式写真集『船と船の間を歩く』(鳥取県)、その他主な書籍に写真詩集『生きる』(共著・谷川俊太郎、ナナロク社)、写真集『生あたたかい言葉で』(新風舎)がある。
パブリックコレクション:清里フォトアートミュージアム
作家ウェブサイト:www.miekomatsumoto.com

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。