未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
143

3分間ですくってすくってすくいまくれ! 「金魚すくい塾」で猛特訓

文= ウィルソン麻菜
写真= ウィルソン麻菜
未知の細道 No.143 |9 August 2019
この記事をはじめから読む

#7市長の記録を超えられるか

毎月掲示されるランキング。上位者には、とても敵いそうにない。

「市長の記録は、41匹だな」

塾内に掲示された「今月のランキング」を見て、大河さんが言った。私は自主練習をしながらその言葉を聞き、「入塾初日で行方市長を超えたら、かっこいいな」と考えていた。

まだ30匹の壁を超えられずに苦しんでいる私が、10匹以上も記録を伸ばすのは難しいように思えたが、勢いよく塾長に「市長を超えたいです」と宣言した。大河さんは、無理だと笑うこともなく「いけるよ、がんばれ!」と、さらに指導してくれた。

そして練習コースの、ラストポイ。最後の3分で私の金魚すくいの腕は思わぬ飛躍を見せた。なんと、市長の記録にあと1匹まで迫る40匹を記録したのだ。大河さんがランキングに私の名前を書き入れる。これは、もしかしたら本当に行方市長を超えてしまうかもしれない。

行方市長の記録まで、あと一匹!

練習コースを終え、ついに検定試験。300円を支払うと、大会同様に5本のポイが手渡される。光に透かして、和紙の繊維を見る。私は金魚が横向きのときにすくうことが多いので、自分に向かって垂直に繊維が入っているものを選んだ。

狙うは市長の記録41匹。それを超えると3段取得となり、大きな缶バッチがもらえる。

「よーい、スタート!」

大河さんが見守るなか、水面に斜めからポイを差し込み、水中で並行にする。金魚の下へゆっくりと滑らせ持ち上げ、金魚を乗せたまま水面を移動、水を切ってお椀へ。最初は落ち着いていたのに、焦りからか徐々に動きが荒くなってくるのが自分でもわかる。

お椀に勢いよく金魚を入れるときにピチャンと音がしていた。水をよく切らずにお椀に入れている証拠だと、練習時から大河さんには言われていた。水ごとすくうと、ポイにかかる重みが増すのと、お椀自体が沈んでいってしまうリスクがあるのだ。頭ではわかっていても、すくうことで精一杯の私には気にする余裕がなかった。

そして最後のカウントダウン。追い上げに何匹もの金魚をすくったとき、横目でお椀から逃げ出す金魚が見えた。「あ!」と声をあげたけれど、もう遅い。水の重みで沈んだお椀から、数匹の金魚が出てしまったのだ。

「終了!」

大河さんがお椀の中の金魚を数える。

「39匹」

市長の記録には、あと一歩のところで届かなかった。最後に逃した数匹が悔やまれるが、これも実力のうち。金魚すくいの町、行方市の市長を超えるには、まだやはり練習と経験が足りないのだ。

検定2段の証である、メス金魚のキャラクター「なめきん」の小さい缶バッチを大河さんが渡してくれた。3段以上でもらえる大きな缶バッチは、次回手に入れようと決意する。

「みんな、段取得者じゃないともらえないピンクの缶バッチが欲しいんだよ。たいしたもんだ、よくがんばった!」

昇段昇級試験ですくった数によって、もらえる缶バッジが変わってくる。集めたくなる。

まだたったの3時間の師弟関係なのに、塾長に褒められ誇らしい気分になる。次は大会に出てみたい。「金魚すくい塾」に入塾する前には、想像もしなかった考えが浮かんだ。

「金魚すくいはスポーツだ」

ふやけた手と、疲れ切った頭と、少し筋肉痛になり始めた背中。大河さんが言っていたことが、今ならわかる。子どもから大人までが夢中になれる金魚すくいは、何度でも挑戦したくなる不思議な競技だった。次は友達や家族を連れて、みんなで競い合いたい。みんな金魚すくいの魅力に取り憑かれ、ヘトヘトになるまですくい続けるにちがいない。

  • この体勢で必死に金魚を追い、翌日は全身が筋肉痛になった。
  • 猛特訓で破れていったポイが並ぶ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。