高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

  • お問い合わせ
  • Q&A
  • セーフティドライブ
  • 高速料金がお得 E-NEXCO pass

登録ルートをチェック(マイページ)

English NEXCO東日本

高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に English

ドラぷら

  • 検索
  • マイページ
  • Q&A
  • お問い合わせ

NEXCO東日本

高速道路において逆走事故が多発しています!

高速道路は一方通行

注意標識・路面標示で進行方面確認を! 行き先を間違えた!行き過ぎてしまった!! ⇒次のインターチェンジで降りてください。本線上や料金所付近で絶対にUターン・バックはしないでください。

逆走が発生しやすい箇所

逆走は起こりやすいポイントがあります。予め把握して安全な走行を心掛けましょう。 

インターチェンジ付近

料金所付近

SA・PA付近

最近の逆走事例

逆走行為は第三者を巻き込んだ悲惨な事故につながります。絶対におやめください。

発生 道路 概要
平成26年12月 外環道 和光北IC出口から流入し、和光IC方面に逆走。
和光IC入口に逆行で流入してきたところを確保。
運転手:80代男性、認知症の疑いあり。
平成27年1月 道央道 ガス欠で停車した運転手が、通報でかけつけたNEXCO東日本の車両を奪い、登別室蘭ICから札幌方面に逆走。約60㎞に渡り逆走し、道路外に逸脱事故を起こしたところを確保。運転手:30代男性
平成27年1月 北陸道 本線上でUターンしたと思われる車が三条燕ICから巻潟東IC方面に逆走。
逆走車を避けようとした車が中央分離帯に衝突するなど計8台が絡む事故が発生。運転手:20代男性
平成27年1月 東北道 一関ICから若柳金成ICの上り線を逆走。順行していたトラックと逆走車が正面衝突し、逆走車の運転手が死亡する事故が発生。運転手:30代男性

高速道路における逆走事案の発生状況(速報)と対策の取り組みについて

逆走事案の発生状況

NEXCO東日本では、交通事故または車両確保に至った逆走事案が、平成23年1月から27年9月までに302件発生し、そのうち10件が死亡事故に至っています。高速道路での逆走行為は、重大事故につながり大変危険であるため、従前から、啓発活動並びに矢印路面標示、注意喚起看板の設置などの逆走防止対策を実施しています。

  • 逆走発生箇所(NEXCO東日本調べ(H27))

  • 逆走事案の傾向(NEXCO東日本調べ)

逆走防止対策の推進

逆走行為が起こりやすい箇所(インターチェンジ・ジャンクション・サービスエリア・パーキングエリア)について、矢印路面標示や注意喚起看板の視認性向上、合流部におけるUターン防止対策の強化を積極的に推進しています。

  • 大型矢印路面標示、ラバーポール延伸(高速道路本線合流部)

  • 高輝度矢印板(高速道路本線合流部)

  • 大型矢印路面標示(ランプ合流部)

  • 大型矢印路面標示・注意喚起看板(休憩施設)

逆走防止の啓発活動

  • 休憩施設内でのポスター・チラシ掲示

  • 高齢者対象 交通安全講習会

  • Webサイトによる啓発

  • 安全啓発冊子内での広報

緊急的に以下の啓発活動を実施(H27年1月~)

  • 情報板での啓発

  • 休憩施設内での逆走防止DVD放映

  • お知らせモニター メッセージ表示

  • 緊急交通安全キャンペーン

この他、下記の活動も実施

  • FM・AMラジオ各社 ラジオ内スポットCM等にて啓発メッセージを放送
  • ハイウェイラジオでの啓発
  • 自治体広報誌への記事掲載

逆走についての詳細はこちらでチェック!

 

PR

ページの先頭へ