高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

NEXCO東日本

高速道路がつなぐクルマの旅を、もっと楽しく快適に

Language

ドラぷら

  • 検索
  • マイページ
  • Q&A
  • お問い合わせ

NEXCO東日本

サービスエリアとパーキングエリアの違いって何?

高速道路でドライブする時の楽しみといえば、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)での一休み。ご当地の名産を使った料理やお土産を見ると、旅行気分も一層盛り上がりますよね。ところで、SAとPAって何が違うんでしょうか?

実は明確な区別がつけにくいSAとPA

横浜新道 戸塚PA(上り線)のトイレイメージ

横浜新道 戸塚PA(上り線)のトイレ

長時間、車を高速で運転していると、ドライバーにも車にも、疲れがたまってきます。そのため、高速道路には、ドライバーの皆さんの疲れや緊張をとったり、トイレ休憩をしたり、車の給油などを行うための施設が必要です。その役割を果たしているのが、SA・PAです。

SAは、人と車が必要としているサービスを提供できる休憩施設です。例えば、人が必要としているサービスとしてはトイレや休憩所、車が必要としているサービスとしては駐車場やガソリンスタンド等があげられますね。ただし、全てのSAでそういった施設があるのかといえばそうではなく、利用状況に応じて、レストランが無いSAやガソリンスタンドが無いSAもあります。

一方で、PAは、ドライバーの皆さんの疲れや緊張をとるためのサービスを提供している休憩施設です。トイレは全てのPAにありますが、売店やガソリンスタンド等は、利用状況などを検討したうえで設けるかどうか判断することになりますので、必ずしもあるわけではありません。逆を言えば、利用状況に合わせて、売店が充実していたり、ガソリンスタンドが設置されているPAもあるため、提供しているサービスの内容で、SAとPAを区別することは難しいんです。

SA・PAってどのくらいの間隔で設置してあるの?

関越自動車道 三芳PA(上り線)イメージ

関越自動車道 三芳PA(上り線)

SAやPAは、高速道路をお客さまが安全・安心にご利用いただくために必要な施設ですから、設置の間隔が重要なポイントですよね。PAはだいたい15km間隔に一つ、SAは50km間隔に一つを目安に設置することになっています。(ただし、路線の特徴などを総合的に勘案して設置する場所を決めるので、必ずしもこの距離毎にあるわけではありません。)

高速道路を建設する時、この目安にもとづいて、前後のSAPAの立地状況を見ながら、新しく作る休憩施設がSAなのか、PAなのかを計画します。開通後にSAPAの施設・提供するサービスの内容が変わったからと言って、呼び方がSAからPAに変わったり、PAからSAに変わったりはしません。

例えば、関越道の三芳PA(上り線)は、「PA」として設置されましたが、関越道で最も東京寄りにあるPAのため、お食事をされる方や休憩を取られる方などたくさんのお客さまにご利用いただいています。そのため、お客さまのニーズに合わせて、敷地やサービスを拡充していった結果、思わず「三芳SA」と呼びたくなるほど人気のPAになりました。

PR
PR

ページの先頭へ