未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
169

『旅の思い出』編 南相馬の「いま」をどう伝える? 風の編集者が土の人と雑誌をつくる旅

文= 小野民
写真= 小野民
未知の細道 No.169 |10 September 2020
この記事をはじめから読む

#2「地域おこし協力隊員」からの誘い

毎年7月最終土曜、日曜、月曜の3日間に開催される相馬野馬追。2日目の会場は、雲雀ヶ原祭場地

震災直後に東北で過ごしたことは、少なからず私の人生に影響したと思う。被害が大きかった場所にボランティアに行くことは、足がすくんでどうしてもできなかった。足は踏み出せなかった代わりに、心のなかにはずっと消えない重石が置かれた気がする。

1年後、私は仕事を辞めた。理由はいろいろとあったけれど、「いつでも東北に帰れるように」という想いも強かった。フリーランスの編集者兼ライターとして、実家に出張所をつくるような気持ちがあったのだ。

それからは折に触れて東京から東北に行くようになり、ありがたいことに仕事にも恵まれた。宮城県石巻市旧雄勝町では、ぐねぐねと曲がる山道を行ったりきたりしながら取材して『雄勝50の物語』を執筆。『トヨタ 子どもとアーティストの出会い』という冊子にライターとして参加した際には、南三陸町のきりこプロジェクトについて取材した。

これらの取材の根っこには、いつも東日本大震災が横たわっていた。壮絶な体験をした人から語られる言葉や土地の在りように、生々しく向き合うことは苦しいけれど、ライターだからこその体験だと思う。

そして2018年秋、福島県南相馬市の地域おこし協力隊であるニシヤマリカさんから、市役所発行の冊子の編集者という大役の声がかかった。ニシヤマさんは私と同世代のデザイナー。東京で働いていたが郷里の福島にUターンし、2018年からは、実家のあった富岡町にほど近い南相馬の「起業型地域おこし協力隊員」(※)になっていたのだ。

※「地域おこし協力隊」は2009年度から総務省が始めた制度で、1~3年以下という決まった期間地方に移住し、行政の委託を受けて地域の問題解決や発展のための活動を行うもの。「起業型地域おこし協力隊」は、準備期間を経て起業することを条件としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。