未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
190

年間1万人が訪れる美深町の廃線 トロッコに乗って風の歌を聴く

文= 川内イオ
写真= 川内イオ
未知の細道 No.190 |28 July 2021
この記事をはじめから読む

#9羊を食べた酔っ払いの冒険

素敵な雰囲気のBSB。

お目当ては、柳生さんが2年前に美深町の白樺樹液を使って作り始めたクラフトビール。これがレストランBSBで購入できるのだ。

絶品だったラムカレー。

町なかにある赤レンガの倉庫を改装したBSBでは、松山農場で育てられている羊を使ったラムカレーを注文。まったく臭みがなくて、濃厚な旨味のあるラム肉を頬張りながら、「ああ、これで『羊を食べる冒険』になったな」と思った。

白樺樹液100%のビール(左)と『羊をめぐる冒険』にインスパイアされたビール(右)。とてもよく売れているそう。

車だから飲酒はできないので、お土産としてBSBで作られたクラフトビールを2本購入。ひとつは白樺樹液100%という世界で唯一のビールで、もうひとつは『羊をめぐる冒険』にインスパイアされたもの。

旭川のホテルについたら、ビールを開けることにした。その日は朝が早かったから、すぐに酔いが回りそうだ。『羊をめぐる酔っ払いの冒険』の行きつく先はどこだろう、と考えて、僕はやれやれとため息をついた。頭のなかで羊が巡った酔っ払いが向かうところはきまっている。夢の中だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。