ETCカード未挿入のお知らせはどうやってしているの?(ドライブまめ知識)

ETCレーンでは、車載器へのカードの挿し忘れや挿し込み不足などにより、開閉バーが開かず、停止を余儀なくされるケースがあります。ETCトラブルの約6割は、カードのさし忘れや挿し込み不足です。ドライバーの皆さんの「うっかり」を防ぐためのNEXCO東日本の取り組みを紹介します。

ETCレーンの手前でのアナウンス

ETCレーンの手前でのアナウンスのイメージ画像

料金所の手前には、「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」を設置しています。カードの挿し忘れや挿し込み不足などをされた車載器があった場合は、車載器を通して「ETCを利用できません」という音声や、ブザー等でお知らせします。

  • 車載器の不良やカードの不良、期限切れをお知らせするものではありません。
  • 音声などのお知らせ内容は、車載器の型式などにより異なります。
  • ETCカードが正常にセットされているときは、音声などによるお知らせはありません。

ETCレーンでのアナウンス

これまでのETCレーンでは、バーが開かない時には、路側表示器に「正しく通信ができません」としか表示されませんでした。

現在、関東地区のETCシステムは、改良工事を行っており、改良後はETCバーが開かない理由を5種類に分類して表示するようになります。これにより、ETCバーが開かない時に、より詳細なアナウンスができるようになります。

例えば、ETCバーが開かない原因で一番多い「ETCカード未挿入」の場合には、「カードが確認できません」と表示します。また、「ETCカードの有効期限切れ」の場合には、「カード期限が切れています」と表示します。

ETCレーンが開かない理由の表示のイメージ画像

その他、ETCカードの有効期限の30日前からは、「カード期限注意」というアナウンスも行います。ご利用の際に、「カード期限注意!」の表示を確認しましたら、お早めに新しいETCカードへの切り替えをお願いいたします。

ETCレーン カード有効期限の注意表示のイメージ画像

なお、ETCの安全なご利用方法や二輪車での安全走行につきましては、以下のページをご確認ください。

ETCの安全な走行方法

ETC二輪車の安全走行

あなたへのおすすめ
コンテンツ

「セーフティドライブ」の
お知らせ

  • 高速料金・ルート
    を検索する
  • 渋滞・規制情報
    を確認する
  • サービスエリア
    を検索する

渋滞・規制情報を確認する

サービスエリアを検索する

サービスエリア名
方面