未知の細道
未知なる人やスポットを訪ね、見て、聞いて、体感する日本再発見の旅コラム。
154

春日部のシルクロードへようこそ 中央アジアの焼きたて「ノン」の味

文= ウィルソン麻菜
写真= ウィルソン麻菜
未知の細道 No.154 |24 January 2020
この記事をはじめから読む

#4この「寒さ」のなかで「サムサ」を

焼き上がりはこんな感じ。肉が焼けるジューシーな匂いがたまらない!

シェルさんの話を聞くうちに、サムサが焼けてきた。肉の焼けるいい匂い! 窯を開けると、ジュージューと肉汁が溢れ出るサムサが、見事に窯に張り付いたまま焼き上がっていた。ああ、窯の底に垂れていく肉汁がもったいない……。

シェルさんが鍋のような受け皿を片手に、長い棒でサムサを剥がしていく。焼きたてをその場でひとつ、食べさせてもらった。割ったサムサから出てくる肉汁と湯気。少し固いくらいのカリッとしたパン生地がジューシーな肉汁でやわらかくなっている。羊肉独特の風味と玉ねぎの甘さが、あまり日本のパンにはない味わいだ。

2、3個ずつ剥がして、取り出す

まさか、真冬の早朝に、春日部の民家の前でサムサを食べる日が来るとは思ってもいなかった。

「現地でもね、このくらいの寒いなかで焼きたてを食べるのがうまいんですよ」

お客さんのなかには、このサムサが食べたくて早朝から店の前で待つ人もいるそうだ。たしかに、ここで焼きたてを食べるのは最高の贅沢だと感じた。

割ったサムサの中から、熱い湯気が冬の寒い空気に立ち昇る

「食べると肉汁で手が油っぽくなるでしょ。香織に言われて初めて気が付いたんだけど、現地の人たちは、みんな手に塗り込むんですよね。乾燥しているからなのかな。香織は向こうに行くたびに気になるみたい」

シェルさんがおかしそうに言った。日本だったらおしぼりやティッシュが出てきそうだが、そんなエピソードも中央アジアを感じさせる。せっかくなので、私も乾いた手の甲に油を塗り込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

未知の細道とは

「未知の細道」は、未知なるスポットを訪ねて、見て、聞いて、体感して毎月定期的に紹介する旅のレポートです。
テーマは「名人」「伝説」「祭り」「挑戦者」「穴場」の5つ。
様々なジャンルの名人に密着したり、土地にまつわる伝説を追ったり、知られざる祭りに参加して、その様子をお伝えします。
気になるレポートがございましたら、皆さまの目で、耳で、肌で感じに出かけてみてください。
きっと、わくわくどきどきな世界への入り口が待っていると思います。